クラウドソージングの提案方法・失敗談から成功を知る

クラウドソージング成功方法 お役立ち情報
この記事は約6分で読めます。

クラウドソーシングを利用してライターをしている人ならば、避けて通れない「提案」

提案とは……クライアント側が募集している仕事(案件)に対して応募すること。「私はこんな仕事できます!」「こんな経歴があります!」とアピールして選んでもらうこと。

提案をして、より自分に合っていたり金銭面が良かったりする仕事を手に入れたいわけです。

その提案をするには、「提案文」という自己PRをクライアント側に送付しなくてはなりません。

私はある程度ライターをしてからクラウドソーシングを利用し始めたので、ちょっと経験者気分でした。

しかしスキルは何もないので提案文には悩んでしまい……。

今回は「何を思ってそんな文章を送ったのか?」という私の失敗提案文をご紹介しつつ、スキルも経験もあまりない人に向けて成功のコツをご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

クラウドソーシングの提案文に書くのは自己PRと条件

クラウドソーシングで提案していく場合、多くは

「自己PR+納期や金銭面での折り合い」

を記載していくことが多いでしょう。

自己PRといえば

  • 大量納品できる
  • 過去に書いたことのあるジャンル
  • 以前勤めていた会社の業務内容

このあたりがアピールとしては強いですね。

何事も経験者は強い。

ライター業は経験を積めば積むほどメリットが増えていく職業です。

 

しかし、私には特別なスキルはなく、提案文に書くことがありませんでした。

書くことがなくて困っているという人、多いと思います。最初は失敗しても仕方ないですが、ずっと失敗してしまうと仕事になりませんからね。

 

失敗提案文①初期にやりがちのテンプレそのままの提案文

私が利用しているクラウドソーシングでは、提案文をテンプレートで保存できます。

こちらの機能を使うことで、素早く提案ができるというシステム。

あらかじめ、私はこんなライターです、こんな記事が書けます……と経歴を書いて保存しておくことで、何回も同じことを書かなくて良いわけです。

ですが……テンプレをそのまま使ってしまってはいけません!!

めんどくさいって思っても、そのままはダメなんです!!

自分が提案される方だと考えてみましょう。

この提案文、誰に送っても大丈夫なように当たり障りないことしか書いてないね。募集ページなんてほとんど読んでないだろうし、何を書くかわかってなさそう

って感じる提案文なんて、最初から捨てだ!捨て捨て!ってなりますよね。

そうですよね……今ならそう思いますが、そのときはとりあえず数打っておけって思っちゃったんです。

クラウドソーシングを利用する前に直接契約で記名記事を書いていたので、その記事を添付するだけでいいだろ、とふんぞり返っていたのも失敗の要因のひとつ。

まぁ受からない。困りました。

対処法・掲載予定ページの熟読

募集ページには、掲載予定のサイトURLが記載されていることがあります。

その場合は、くまなくチェック!

読み込んで

  • 「自分ならこう書けます」
  • 「こういった経験を生かせます」

というような理解をしたうえで提案してみましょう。

そうでないと、スタートラインにすら立てません。

 

掲載予定ページがない場合もありますが、その場合でもジャンルが記載されていることがほとんどですので、きちんと「募集ページを読んだこと」をアピールしましょう。

ファッションならばインスタ画像選定をすることも多いので「インスタやWEARを見ることが好きで、流行のファッションについて常に目を光らせています」というように、関連するアプリの名前をあげてみるなど、ささやかでもアピールもしないよりマシです。

私はこちらの記事を読んで提案文について学ばせていただきましたので、リンク貼らせていただきます。

失敗提案文②美容院HPのコラム執筆案件への提案文

ある日クラウドソーシングを見ていると、美容院が「ホームページにコラムを作成するので、書いてくれるライター募集」をしておりました。

私は美容院の記事を書いたことはありませんし、美容院に勤めたこともありません。

でも当時がむしゃらだった私は、テンプレ文から脱却しながら何とかアピールしなくては!と考えた挙句、こんな提案文を先方に送付しました。

「美容院で髪を切ってもらうことの良さだけでなく、美容師との会話や戸惑いなど、利用者目線で悩みを解決する文章が書けます」
だから?って感じですよねぇ。
頑張って、何もないところからアピール探してるなって感じますよね。仕事ができなさそうというか上っ面というか。
ウリがないなら提案しなきゃいいんじゃないかって、今なら私も思いますよ。
でもそんなこと言ってたら何も提案できません。
面の皮が厚いんですかね、私……。

対処法・ブログにサンプルを書く

「書いたことがない・経験がない・でも応募したい」

そんなときは、ブログにサンプルを書いてみると良いです。

今回のように「美容院のコラム記事」ならば、まずリサーチをします。

  • 美容院のサイトに掲載されているのはどんなコラムなのか
  • SEOを意識したものにはどんなキーワードがあるか
  • 文体は?文章量は?

こうしたポイントを抑えつつ、自分なりに「美容院のコラム記事」を書いてみて、それを提案文に添付すると効果アップ!!

クライアント側からすれば、こうしたサンプルをもらえることで

  • 記事執筆のスピード
  • 内容理解度
  • 文章の雰囲気
  • やる気

などを知ることができるのです。

一石二鳥どころではないメリットだらけ!!

サンプルだけのブログならば、無料サービスでも十分かと思います。

まとめ・クラウドソーシングの提案文は全力で

提案文を送るときって「どうせ受からないし……」って卑下してしまい、やる気をなくしがちです。

適当に書いて、受かればラッキーって……。

でも、提案文でやる気を出さないと良い案件には受かりません!!

超低単価で大量募集の案件なら別かもしれませんが、そういった仕事はしたくないですよね。

私は良いクライアントさんと、良い条件のもとでライターの仕事がしたい!!

そのためには、真剣な提案文を作成することが最低条件です。

「どうせ受からない」と思ってやる気のない提案文を送っていたら負のループから抜け出せなくなってしまいますので、本気を出してみましょう。

賢く使って、良いクライアントさんと出会えるように頑張っていきましょう!

お役立ち情報
スポンサーリンク
シェアする
花梨をフォローする
花梨の実

コメント