確定申告のID・パスワード方式!実際に申告して分かったメリットデメリット

お役立ち情報
この記事は約7分で読めます。

毎年やってくる確定申告。

フリーランスWebライターをしている私にとっても欠かせないことですが、確定申告の提出方法には種類があります。

  • 税務署の窓口
  • 郵送
  • マイナンバー方式
  • ID・パスワード方式

これらの提出方法の中から、今回は2019年にID・パスワード方式で申告した私が感じるメリットデメリットをご紹介します。

最近よく聞くID・パスワード方式の確定申告が気になる方はぜひご覧ください!

スポンサーリンク

確定申告のID・パスワード方式のメリット

確定申告をID・パスワード方式で行うことによるメリットは以下の3点です。

税務署の窓口に並ばなくていい

確定申告の時期になると、とにかく混雑する税務署。

市役所のように身近にある訳ではなく、遠くの税務署まで行かないといけない人も多いでしょう。

ID・パスワード方式はネットで完結するので、混雑する時期に税務署へ赴く必要も並ぶ必要もありません。

書類の提出が免除される

確定申告をする際、源泉徴収票などさまざまな書類を添付する必要があります。

しかし、ID・パスワード方式の場合書類添付は免除されていてとてもスムーズです。

ただし自宅での保管義務がありますので、不要というわけではありません。

マイナンバーカードの発行・カードリーダーの購入をしなくていい

今までのe-taxはマイナンバーカードとそれを読み取るためのカードリーダーが必要でしたが、ID・パスワード方式ならばそれも不要です。

平成31年1月以降のe-Tax利用のイメージ

出典:http://www.e-tax.nta.go.jp/kanbenka/index.htm

私は身分証代わりにマイナンバーカードを発行したもののカードリーダーの購入はしていなかったので、とてもありがたい制度だと感じました。

スポンサーリンク

ID・パスワード方式で確定申告をした時のデメリット

ここからは実際にID・パスワード方式のe-taxで確定申告をして感じたデメリットもご紹介します。

確定申告の控えや受領メッセージがない

税務署の窓口や郵送で確定申告をすると控えが貰えますが、ID・パスワード方式で確定申告を行うと、税務署から受領メッセージが届きません

また、個人納税者に係るe-Taxのメッセージボックスの閲覧については、セキュリティ対策の観点から、平成31年1月以降、原則としてマイナンバーカード等の電子証明書が必要になります。

出典:http://www.e-tax.nta.go.jp/kanbenka/index.htm

「マイナンバーカードの電子証明が必要」って……ID・マイナンバー方式の意味が無いですよね。

とはいえ私は「控えを提出するような場面がないし、いいか!」と思っていました。

しかし「小規模企業共済」という、個人事業主や自営業の人が自分の退職金を積み立てられる制度を知って、そうも言っていられない状態に。

高い節税効果がありつつお得に積み立てられるので、私も利用しようとパンフレットを取り寄せたのですが……そこで気になる表記を見つけました。

小規模企業共済に加入するための必須書類の欄です。

確定申告書の控え 提示書類

  • 事業を始めたばかりで『確定申告書』がない場合は、『開業届』の控えを提示してください。
    ※『確定申告書』/『開業届』の控えには税務署の受付印が必要です。電子申告(e-tax)したために税務署の受付印が無い場合は、『確定申告書』/『開業届』に加えて、e-taxの受付確認である『メール詳細』を提示してください。

出典:http://www.smrj.go.jp/kyosai/skyosai/entry/procedure/index.html

「確定申告の控え、または受付確認であるメール詳細」が必要ですが、ID・パスワード方式では、最初にお伝えした通りメッセージを見られません

実際に小規模企業共済に加入しようとしても、受信メッセージがなく苦労したという体験記事をいくつも拝見しました。

税務署に納税証明書を取りに行って加入した人もいて……便利なはずのID・パスワード方式なのに、結局後で手間がかかる場合もあります。

確定申告の控えや受領メッセージを提示する必要がある人は、窓口や郵送で控えを受け取るか、マイナンバー方式で受領メッセージを受け取りましょう。

会計ソフトはID・パスワード方式未対応

ID・パスワード方式での確定申告は、多くの会計ソフトで未対応です。(2019年6月現在)

freee

e-tax利用の簡便化に伴い、マイナンバーカードおよびカードリーダーをお持ちでない「ID・パスワード方式」の方は会計freeeからe-taxソフトでのご提出はできません。この場合、会計freee上で提出方法を「税務署で提出」または「郵送」に変更しご提出いただくか、国税庁のe-taxサイト「確定申告書等作成コーナー」にて会計freeeで作成した決算書を元に金額等を入力してご申告ください。

出典:freeeヘルプセンター

 

やよいの青色申告 オンライン

国税庁のe-Taxサイト「確定申告書等作成コーナー」での申告に対応している方式です。
「確定申告書等作成コーナー」は、「確定申告書等作成コーナー」で作成した電子データ以外は取り込むことができないため、『やよいの青色申告 オンライン』で作成したe-Tax申告データを取り込むことはできません。
ID・パスワード方式で確定申告を行う場合は、『やよいの青色申告 オンライン』で作成した決算書をもとに、「確定申告書等作成コーナー」から金額等を入力して申告をします。

出典:https://support.yayoi-kk.co.jp/subcontents.html?page_id=844

 

マネーフォワード クラウド確定申告

マネーフォワード クラウド確定申告からエクスポートしたデータ(xtx形式)は、インストール型のe-Taxのみに対応をしております。

そのため、ID/パスワード方式のe-Taxをご利用される場合は、マネーフォワード クラウド確定申告で作成した青色申告決算書の内容をもとに、「確定申告書等作成コーナー(国税庁)」にて申告書を作成し、そのデータをe-Taxへ送信してください。

出典:https://support.biz.moneyforward.com/tax-return/faq/documentation/do08.html

 

このように、会計ソフトでID・パスワード方式の確定申告はできません。

私はfreeeで管理をしているのですが、そこで作成した確定申告書を見ながら国税庁の確定申告コーナーであらためて作成しました。

ID・パスワード方式の確定申告はあくまで暫定措置

2019年6月の時点で、ID・パスワード方式はマイナンバーカードやカードリーダーが普及するまでの暫定対応とされています。

 ※ マイナンバーカード及びICカードリーダライタが普及するまでの暫定的な対応です。
出典:http://www.e-tax.nta.go.jp/kanbenka/index.htm

この書き方を見ると、いずれはマイナンバーカードとカードリーダーを用意するしかないのか……ともとれます。

いつかは利用できなくなる・システムが変わる可能性も視野に入れておきましょう。

スポンサーリンク

ID・パスワード方式で確定申告をするためにあらかじめID・パスワードを発行しておく

ID・パスワード方式で確定申告をするためには、税務署へ行って、税務署員と対面で本人確認をする必要があります。

結局税務署に行くのか……と思うでしょうが、混雑していない時期に行けるのはメリット!

運転免許証などの身分証を持参し、お近くの税務署に行きましょう。

私は2018年末に、税務署の方が地元の商工会議所で講義してくださった「青色申告説明会」にて発行していただけました!

すでに確定申告会場でID・パスワードが発行されている場合もあるので、申告書の控えを見てみましょう。

 

発行の際、自分の希望するパスワード(暗証番号)を記入します。

花梨
花梨

パスワードは英小文字と数字を含む半角8桁以上、英小文字と数字を必ず1文字以上使用なので、あらかじめ考えておくとスムーズです!

申請書ではパスワードのほかに

  • 住所
  • 氏名
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 職業
  • 納税地

※性別・屋号・上記以外の住所地・事業所等の項目もあるが必須事項ではない

こういった内容を記載します。

スポンサーリンク

まとめ。ID・パスワード方式で確定申告を簡単に!

ID・パスワード方式で確定申告ができるとカードリーダーやマイナンバーカードがなくてもe-taxができますが、もちろんデメリットもあります。

ID・パスワード方式での確定申告が向いているかを考え、やりやすい方法で申告しましょう!

2019年6月時点で感じていたデメリット、2020年は改善されたらいいなと思います。

お役立ち情報
スポンサーリンク
シェアする
花梨をフォローする
花梨の実

コメント